仕事効率化

Google Chromeで使える便利なショートカット7選

ただのブラウザ閲覧でもショートカットを有効活用すれば、それだけで作業効率化になります。

僕がGoogle Chromeでよく使うショートカットを紹介します。

「Ctrl+T」 新しいタブを開く

「Ctrl+T」で新しいタブを開きます。

開いたタブはアクティブになるにで、ブックマークから登録しているWEBサイトを開いたり、アドレスバーで検索したりします。

「Ctrl+L」 アドレスバーにカーソルを移動

知っている人が少ないのですが便利なショートカットの1つです。マウスを使わずにアドレスバーにカーソルを移動できます。

Google検索を利用するときに、前述の「Ctrl+T」と併用することが多いです。

「Ctrl+W」 現在のタブを閉じる

現在のタブを閉じます。WEBページを見終わった後によく使います。

マウスジェスチャーでも同じ動作ができるので、その時の手の位置によって使い分けています。

マウスを使う手
マウスジェスチャーを使ってブラウザ閲覧の効率アップマウスジェスチャーとはマウスの右ボタンをクリックしながら特定の動きをすることで、ブラウザを操作することです。 具体的に言うと、 ...

「Ctrl+H」 閲覧履歴を表示

「Ctrl+H」で過去に閲覧したWEBページの一覧を開けます。閉じたタブをもう一度見たい、というときに便利なショートカットです。

「Ctrl+R」 現在のタブを更新

Chromeだと左上にWEBページの更新ボタンがありますが、「Ctrl+R」でも同じように更新ができます。

「Ctrl+R」に合わせて「Shift」も同時に押すと、WEBページのキャッシュを消して再読み込みすることができます。

僕はWEBサイトの更新や編集をすることも多いので、このショートカットも使用頻度はとても高いです。

「Ctrl+F」 ページ内検索

「Ctrl+F」でWEBページ内で指定した文言を検索できます。Google検索で自分の知りたいことを調べた後、どこにあるか探すときによく使いますね。

「Ctrl+U」 ページソースを開く

「Ctrl+U」でページソースを開くことが出来ます。WEB制作をやる方は使用頻度の高いショートカットでは?

それ以外の人はほとんど使うことはないと思います。そもそも「ページソースって何?」という状態だと思うので…。

まとめ

  • 「Ctrl+T」 新しいタブを開く
  • 「Ctrl+L」 アドレスバーにカーソルを移動
  • 「Ctrl+W」 現在のタブを閉じる
  • 「Ctrl+H」 閲覧履歴を表示
  • 「Ctrl+R」 現在のタブを更新
  • 「Ctrl+F」 ページ内検索
  • 「Ctrl+U」 ページソースを開く

Google Chromeのショートカットは他にもまだありますが、今回は僕も使用頻度が高く、特のオススメの7つを選別して紹介しました。

意識せずに使えるようになれば、これだけで作業効率はグンとアップしますよ。