カメラ

Nikon Dfを小型軽量のミラーレス化して発売してほしい話

今でも根強い人気を誇るNikonの一眼レフ”Df”。僕も愛してやまない名機です。後継機を期待する声も多く、僕も常に待ち望んでいます。

可能性自体は低いですが、もしDfの後継機が出るなら「小型軽量のミラーレス」として開発してほしいと考えています。

フルサイズミラーレスの技術を投入

Nikon Z7とDf 正面から

高画質・高性能を小型軽量のボディに収めたNikon Z7・Z6。特にZ7はD850と同レベルの高画質をこんな小さなボディに収めました。

この技術を活かし、Dfを小型軽量のミラーレスとして開発してほしいです。Dfのボディは完成度が高く、後継機を出すとしたら画質面など内部のアップデートに留まるはず。

最近のミラーレスブームに乗っかって、Dfのデザインを維持しつつ、小型軽量のミラーレスにしちゃましょう。

「ミラーレスのDfなんてDfじゃない!」という声も聞こえてきそうですが、小型軽量の市場で他社に遅れをとっているNikonが巻き返すには、Dfのクラシックデザインを採用して差別化した小型軽量のミラーレスだと思うんですよね。

イメージセンサーはAPS-Cでも

小型軽量に拘るならイメージセンサーはフルサイズではなく、あえてAPS-Cというのもありだと思います。

Z7やZ6のサイズ感で収まるならフルサイズのままでいい気もしますが、CanonのEOS RPの485gに迫ってほしいんですよね。

うーん、でも、EOS RPがフルサイズで485gならNikonも頑張って欲しいですね笑。技術力の見せどろころです。

あえてのFマウントレンズ

Z7・Z6で新しく登場したZマウント。Dfのミラーレス化ではZマウントではなく、あえてFマウントでいきましょう。Fマウントなら使えるレンズの種類も多いですしね。

Zマウントのレンズは300gを切るような軽量のものは出そうにないのですが、Fマウントなら選択肢は豊富です。マウントアダプターを使う手もありますが邪道ですしね。

ライバルはCanonのEOS RP

Nikon Dfのミラーレス化でライバル視してほしいのはCanonのEOS RP。Canon初のフルサイズミラーレス”EOS R”の発売から半年後に500gを切る軽量ボディのEOS RP発売したのは「さすがCanon」と思いました。ユーザーニーズをよく分かっている。

EPS RPを同レベルの軽量ボディに、クラシックデザインのDfを組み合わせれば、Nikonも小型ミラーレス市場で充分戦えるのでは?