写真・撮影の知識

一眼レフで動き回る子供をピシッと撮るコツ【シャッター優先モードを活用しよう】

子供を撮るために一眼レフ・ミラーレスカメラを持っているという人は多いはず。僕も撮る写真の8割は子供です。

今回は一眼レフで動き回る子供をピシッと撮るときのコツをいくつか紹介します。

シャッター優先モードで撮る

子供はとにかく動き回りますよね。瞬間を抑えるためにシャッター優先モードにして、シャッタースピードを早めに設定しましょう。

Nikon Z7をシャッター優先モードに設定

シャッター優先モードはモードダイアルを「S」に。

シャッタースピードを自分で決め、絞り値とISO感度はカメラが自動で決めてくれます。

動き回る子供をピタッと止めるならシャッタースピードは1/100~1/200くらいがおすすめ。もちろんこれ以上早いとなお良し。

慣れたらマニュアルモードで絞りを調整

シャッター優先モードで撮影した場合、カメラはISO感度の維持を優先して、絞りはできるだけ開放しようとします(F値が小さくなる)

絞りを開放(F値を低く)すると、被写界深度が狭くなり、ピントが合う幅が狭くなります。動き回る子供にピントを合わせるのが難しくなり、ピンぼけした写真が増えてしまうかも。

子供にピントがピシッとあって、背景がボケた写真が撮れるといいのですが、ピント合わせがシビアになるため、絞りを絞って(F値を大きくして)確実に子供を捉えたいところ。

なので、シャッター優先モードでの撮影に慣れてきたら、マニュアルモードにしてシャッタースピードだけでなく、絞りも自分で設定してみましょう。

Nikon Z7をマニュアルモードに設定

僕はシャッタースピードを1/100~1/200、絞りをF5.6くらいにすることが多いです。

ただし、光量が十分にある日中の昼間などならともかく、室内だと光量が足りない場合があります。その場合はISO感度を上げて対応します。

ISO感度は下げすぎない

ISO感度を上げれば、シャッタースピードを早く、絞りを絞れるようになりますが、上げれば上げるほど写真にノイズが増えてしまいます。

このノイズをどこまで許容できるかは人それぞれ。基準などはありません。僕はISO1600くらいを限度にしています。薄暗い室内などではISO3200くらいまで上げることも。

ISO感度の上限はいろいろ試しに撮ってみて、自分で許容できるラインを見つけてください。

ただ、ISO感度を無理に下げるのは避けましょう。下げすぎてシャッタースピードや絞りが厳しくなり、せっかくの子供の動きが捉えきれなくなります。

僕はISO1600~3200くらいを上限に設定していますが、今のカメラは感度耐性もすごくよくなっているので、ISO6400~12800くらいでも十分綺麗に撮れます。

ノイズが出やすいと言っても拡大してやっと分かるくらいです。4Kテレビに表示したり、ポスタークラスの紙に印刷したりしない限りはほとんど分かりません。

ストロボもあるといい(なくてもOK)

カメラの上部に付けるストロボがあると、光量が確保できるので、先程のシャッタースピード・絞り・ISO感度にも余裕が出ます。

ストロボを使った写真と使っていない写真

左がストロボを使っていない写真、右がストロボを使った写真。

明るさ自体の問題もありますが、ストロボを使うと血色が良い肌になります。日本人は元々肌の血色が悪く見えがちですから。

レンズはF値の低いものをチョイス

F値が低い=絞りを開放できる=シャッタースピードを早く出来る

なので、なるべくF値の低いレンズを用意しましょう。と言ってもF値の低いレンズは高価なことが多いです。

単焦点レンズ(ズームができないレンズ)というF値が低いのに価格が安いレンズがあるのですが、ズームができないと動き回る子供を捉えるのは一苦労。オススメはできません。

便利ズームは使いやすいがF値が高め

便利ズームは焦点距離のカバー範囲が長く、広角側から望遠側まで広範囲でカバーできますが、F値が高く、画質も比較的低めの傾向があります。

光量は得にくくなるので、シャッタースピード・絞り・ISO感度の点では苦戦することが多くなります。1本でだいたいの画角を撮れるので、旅行などにはぴったしなのですが。

(便利ズームの記事へ内部リンク)

オートフォーカスモードは「AF-C」に設定

AF-CはコンティニュアスAFサーバーと言い(Nikonの場合)、シャッターボタンを半押ししている間、ピントを合わせ続けるモードです。

公園で子供をタムキューで

動き回る子供をしっかり捉えることができます。

顔認識AFがあるとなお良し

カメラによっては顔認識AFが備わっている機種もあります。自動で人間の顔を判別してピント合わせをしてくれるのでめちゃくちゃ便利。

周りに自分が撮りたい子供以外の人がいる場合は、そちらにピントが合ってしまうことも…。

まとめ

  • シャッター優先モードに設定
  • 慣れたらマニュアルモードで絞りも設定する
  • ISO感度は下げすぎない
  • ストロボもあるといい
  • レンズはF値の低いものを。ただし単焦点レンズは避ける
  • オートフォーカスはAF-Cに設定
  • 顔認識AFの機能があると便利
ABOUT ME
AraCame
AraCame
所有:Nikon Z7、Nikon Df、GR3/撮るのは主に子供/旅行大好き