写真・撮影の知識

レンズ交換は野外でも大丈夫?ゴミの混入を防ぐ方法

基本的に野外でのレンズ交換はやらないに越したことはありません。ゴミが入ってしまい、写真に写り込んでしまうとせっかくのカメラ撮影が台無しです。

ですが、ベストな写真を撮るためにレンズ交換は避けることはできませんし、一眼レフの楽しみの1つを奪ってしまうことにもなります。

そこで今回は野外でレンズ交換をするときの注意点、万が一ゴミが入ってしまった場合のクリーニング方法を紹介します。

“レンズ交換をする”のは大前提なので、「野外でレンズ交換をしなくて済むように高倍率ズームを使いましょう」なんてナンセンスな回答はなしでいきます(笑)

野外でのレンズ交換のコツ

ゴミが入ってしまった場合、厄介なのはレンズよりカメラ本体です。レンズの後玉にゴミが付着してもクリーニングは容易ですが、カメラ本体のイメージセンサーにゴミが付着すると自力でのクリーニングは難しくなってきます。

野外でレンズ交換をするときは、レンズよりカメラ本体を優先してゴミが入らないように気をつけましょう。

なるべく座って交換する

野外なので座っているより立っている場面の方が多いと思いますが、なるべく座ってレンズを交換できる場所を探しましょう。

立ったままレンズ交換を行おうとすると、ゴミが入らないことに気を取られてしまい、落としてレンズやカメラを破損してしまう可能性があります。

せっかくのチャッターチャンスを逃してしまうかもしれませんが、レンズやカメラを壊してしまった後悔はシャッターチャンスを伸ばして逃してしまった後悔を上回るのはないでしょうか?

カメラの電源を切る

カメラの電源を入れたままレンズ交換をしようとすると、静電気でゴミを引き寄せやすくなってしまいます。カメラからレンズを取り外す前にカメラ本体の電源をオフにしてください。

また、カメラの電源を入れたままレンズの着脱をすると、誤作動やトラブルの元にもなってしまいます。

カメラとレンズを平行に

レンズ交換をするときにカメラのマウント部を上に向けたり、などは絶対にやめましょう。単純にゴミが入りやすくなってしまいます。

カメラ本体を優先するならマウント部を下に向けるのがベストなのですが、そのかわりにレンズの後玉を上に向けるのも微妙ですよね。

カメラとレンズは地面と平行に向け、両方にゴミが入らないように交換しましょう。

風に気をつける

室内と違って野外では風は強い日もあります。風が強いとカメラやレンズにゴミが入らないように気をつけていても入ってしまう可能性が高くなります。

少しでも風を防げる場所に移動してレンズ交換を行ないましょう。

レンズにゴミが付いてしまった場合

ちゃんと気をつけていてもカメラやレンズにゴミが入ってしまったときは焦らずクリーニングです。レンズとカメラで清掃方法が異なるのでまずはレンズから。

ブロアーでゴミを飛ばす

ホコリやチリ、砂などが付いたまま拭き掃除などをすると、それらが原因でレンズやカメラを傷つけてしまいます。

まずはブロアーと呼ばれる空気の力でゴミを飛ばすアクセサリーを使います。

空気の力が強い大きめのしっかりとしたものを使いましょう。プロ仕様とちゃんとしたブロアーでも500~1,000円とそれほど高い金額ではありません。

レンズの後玉は前玉と違って汚れは指紋はつきにくいです。基本的にブロアーでゴミを飛ばすだけで十分です。

ブロアーは古くなってくるとゴムが劣化してゴミを増やすこともあるので何年かに1度は買い替えてくださいね。

クリーニングペーパー

もし、汚れがついてしまった場合はクリーニングペーパーを使って清掃しましょう。

絶対に市販のタオルやティッシュペーパーでの清掃は避けてください。思った以上に粒子が荒く、レンズやカメラを傷つけてしまう可能性があります。

クリーニングペーパーにはクリーニング液が別にあるタイプと、予めクリーニング液が染み込んでいるタイプ(ウエットティッシュに近い)があります。

僕は普段に清掃ではクリーニング液が別になるタイプを使っています。汚れの大きさに合わせてクリーニング液を使う量を調整できるためです。

ただ、クリーニング液の量の調製はコツが入るので(僕もいまだに失敗します汗)、予めクリーニング液が染み込んでいるタイプをオススメします。

個別に包装されているタイプもあり、2~3個持ち歩いておけば野外や外出先での清掃にも対応できます。

カメラの内部にゴミが入ってしまった場合

さぁ、厄介なパターンです。カメラの内部はミラーやイメージセンサーなど大事な箇所が多く、清掃はかなり慎重に行わないといけません。

素人が適当にやってイメージセンサーに傷などを付けてしまうと…。イメージセンサーの交換は数万円単位で費用がかかるので「買い替えたほうがいいんじゃ…」となる可能性もあります。

少しでも難しいと感じたら各メーカーのクリーニングサービスに依頼しましょう。

Nikonの場合、各ニコンプラザのサービスセンター窓口でクリーニングを受け付けています。

費用は一眼レフで3,000円、ミラーレスで2,000円です。イメージセンサーの清掃だけでなく、各種点検・外観清掃・ピント点検調整もついでに行ってくれます。

というより各種点検・外観清掃・ピント点検調整・イメージセンサー清掃がセットになったサービスです。

Nikon クリーニングサービス
【Aコース】点検+センサー清掃+外観清掃+ピント点検調整
対象製品:デジタル一眼レフカメラ
3,000円
Bコース】点検+センサー清掃+外観清掃
対象製品:デジタル一眼レフカメラ・レンズ交換式アドバンストカメラ(Nikon1)
2,000円

詳細、その他のコースはこちら

自力で清掃

レンズの項目で触れたブロアーでゴミを飛ばす程度なら自分でやってもそれほど問題にはなりません。

問題は直接イメージセンサーに触れての清掃です。

一応、PENTAXが発売している棒の先端に粘着ゴミがついたクリーニングキットや、Nikonがプロ仕様の「Nikon ニコンクリーニングキットプロ2」というものを販売しています。

これらを使えば自分でイメージセンサーの清掃も可能です。ただし、あくまで自己責任で…注意して行ってくださいね!

ダストクリーニング機能

ほとんどのカメラにダストクリーニング機能があるはずです。ダストクリーニング機能とはイメージセンサーを細かく微振動させて付着したゴミをふるい落とす方法です。

ダメ元で何度か行うとゴミが取れる場合もあります。ちょっとの手間でできるので一度は試してみてください。

ABOUT ME
AraCame
AraCame
所有:Nikon Z7、Nikon Df、GR3/撮るのは主に子供/旅行大好き