撒き餌レンズって何?「50mm・F1.8の単焦点レンズのこと」

撒き餌レンズとは50mm・F1.8の単焦点レンズのことを言います。

「撒き餌」と呼ぶ理由。それは写りが良い割に非常に安価で、一眼レフ初心者が交換レンズの良さに惚れ込んでしまうきっかけとなり、その後レンズを買い漁ってしまう様から「撒き餌」と呼ばれています。

カメラメーカーが正式に定めた愛称ではありませんが、一眼ユーザーの中では広く認知されている言葉です。

撒き餌レンズの良いところ

ボケる、F1.8の明るさ

初めて一眼レフを買うときに最も多いのはボディとキットレンズのセットではないでしょうか。キットレンズの開放F値はF3.5あたりが多く、焦点距離によってはF5.6まで絞らないといけないはずです。

正直、十分な明るさを得られているとは言えません。しかし、その中で撒き餌レンズはF1.8通しという抜群の明るさを誇ります。

開放F1.8で撮るとはっきりとしたボケが得られ、簡単に雰囲気のある写真を撮ることができます。

1~2万円台とコスパ最高

F1.8通しの明るさでボケた雰囲気のいい写真を簡単に撮ることができるのに、価格が1万円台~2万円台と格安。

一眼レフのレンズは基本的に高価です。しかし、撒き餌レンズは撮れる写真の質を考えたら2~3倍の価格でも妥当です。

コストパフォーマンスが抜群によく、レンズの魅力に引き込む罠=撒き餌なのです(笑)

単焦点レンズは撮影技術が上がる

撒き餌レンズの種類・単焦点レンズ。単焦点レンズはズームができず焦点距離が固定されたレンズです。

ズームに頼ることができないので自分の求めている画角や被写体に合わせて”自分の足”で動く必要があります。

自然と画角や焦点距離の感覚が身につくレンズと言われています。そういった意味も込めて入門レンズとしても最適なのです。

コンパクトで軽い

撒き餌レンズはレンズの中でもコンパクトで軽いので、持ち運びもしやすく、初心者が一眼レフの撮影に入りやすくなっています。

いきなり重いレンズを扱おうとしても、写真どころではなく一眼レフでの撮影を嫌いになってしまうかもしれません。

撒き餌レンズはコンパクトで軽いので、普段使いやスナップ撮影にぴったり。一眼レフのハードルをグッと下げてくれるのです。

各メーカーの撒き餌レンズ

Canonの撒き餌レンズ

撒き餌レンズといえばCanonの「EF50mm F1.8 STM」。希望小売価格で20,000円、Amazonだと15,000円と格安。

先代の「EF50mm F1.8 II」は絞りが5枚羽根だったのですが、このモデルから円形絞りの7枚にしたことで、丸型の美しいボケを実現しました。

50mmの画角、見た人の理想の色に近づけるCanonのカメラの色合いと合わさって、ポートレート撮影にぴったりです。

Nikonの撒き餌レンズ

Nikonの撒き餌レンズはこの「AF-S NIKKOR 50mm f/1.8G」

Canonと同じくF1.8の明るさにコンパクトで軽量なボディ。価格なCanonよりちょっと高めで希望小売価格35,100円、Amazonだと23,000円ほど。

それでも十分格安なんですけどね。Nikonの金色のロゴがキラリと光るいいレンズです。

【レビュー】AF-S NIKKOR 50mm f/1.8G Special Edition|Dfカラーの単焦点レンズ

2019.01.23

50mmという画角

撒き餌レンズの焦点距離は50mm。自然な感じやスナップ撮影、旅行などにベストな焦点距離です。

なぜかというと50mmは人間の目の画角に近いと言われているんです。特に何かを集中してみているときの範囲と言われています。

逆に35mmはボーッとしているときの画角に近いと言われています。

なので50mmは被写体を限定して、余計なものを美したいときにちょうどよい焦点距離なんです。

写真は引き算と言われており、余計なものが写るとゴチャゴチャして乱雑な写真になってしまいます。余計なものを省きやすい50mmは美しい写真を撮りやすく、写真にハマるきっかけになってくれるのです。

APSーCのカメラは注意!

ここまで50mmと何度も言ってきましたが、この焦点距離はフルサイズのカメラの場合です。

さきほど紹介したCanonとNikonの撒き餌レンズはフルサイズ用です。

では撒き餌レンズをAPS-Cのカメラで使うとどうなるか。フルサイズ用のレンズをAPS-Cのカメラで使った場合、焦点距離はCanonは1.6倍、Nikonは1.5倍になります。

Canon Nikon
APS-Cのカメラで
使った場合
80mm 75mm

それぞれ80mm・75mmと中望遠レンズに変わります。これはこれで面白い焦点距離ですが、APS-Cのカメラをお持ちの方は注意してくださいね。

ちなみに明るさは変わるずF1.8のまま使用できます。

NikonはAPS-C用もある

NikonはAPS-C用の撒き餌レンズを発売しています。

35mmの焦点距離なので、1.5倍で52.5mm。ほぼ変わらない焦点距離です。

NikonのAPS-Cのカメラをお持ちの方はこちらがいいかも?

そして、レンズ沼へ

「撒き餌レンズ」という名称と共に「レンズ沼」という恐ろしい言葉がカメラの世界にはあります。

レンズ沼については別記事で紹介したいと思います。「撒き餌」の真の恐ろしさはここからです…。

シェア・拡散してくれると泣いて喜びます