機材レビュー

広角単焦点レンズ「NIKKOR 20mm F1.8 ED」を買うまでの話

きっかけは温泉旅行に行く際に夜の星空をしっかり撮りたいと思い、広角で明るいレンズを探し始めました。

Nikon Dfで使うので、NIKKORレンズ限定です。

すでに持っていた「AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G ED」より広い画角で撮りたいので、24mm以下でないと意味がありません。

Nikonの広角レンズは主に3つ

NIKKORレンズの広角レンズはまず下記の3つが候補に上がります。

  • AF-S NIKKOR 14-24mm f/2.8G ED
  • AF-S NIKKOR 16-35mm f/4G ED VR
  • AF-S NIKKOR 18-35mm f/3.5-4.5G ED

AF-S NIKKOR 14-24mm f/2.8G ED

NIKKOR 14-20mm F2.8 ED

言わずと知れた大三元の広角レンズ。焦点距離14mmの超広角、F2.8の明るさなど喉から手が出るほど欲しいレンズです。

しかし、価格.com最安値でも20万円という破格の値段。簡単には手が出せません…なので却下。

AF-S NIKKOR 16-35mm f/4G ED VR

NIKKOR 16-35mm F4 ED VR

F4通しの小三元の広角レンズ。大三元に比べると価格も価格.com最安値で12万円と幾分かお手頃に。

日中の風景撮影であればF4通しでも十分なのですが、星空撮影となると少し不安が。なので却下。

AF-S NIKKOR 18-35mm f/3.5-4.5G ED

手軽にフルサイズの広角域を楽しめる万能レンズ。画角・重量・価格(価格.com最安値で75,000円)は申し分ないのですが、小三元と同じく明るさに不安が…なので却下。

広角ズームを諦め、単焦点レンズを検討

星空を満足に撮影できそうなのは「AF-S NIKKOR 14-24mm f/2.8G ED」だけ。しかし価格で断念しました。

そこで「広角ズームにこだわらず単焦点レンズでいいのは?」という考えに。

単焦点レンズなら画角は固定されますが、明るさは問題ないですし、価格も抑えめにいけるかも…と思いました。

結論から言うと最終的に候補に残ったのは「AF-S NIKKOR 20mm f/1.8G ED」

このレンズを選んだ理由は5つ。

  • ほどよい焦点距離20mm
  • 値段が手頃(10万円以内)
  • ナノクリスタルコート
  • 軽量
  • フィルターがつけられる

ほどよい焦点距離20mm

焦点距離20mmというほどよい画角。人間の目が見ている画角が35mm~50mmと言われているので、目で見ている風景より広い範囲で切り撮ることができます。

「もう少し広いほうがいいかな?」とも思いましたが、20mmという焦点距離は広すぎず狭すぎず。広角レンズが難しい”余計なものが写りやすい”という点も20mmなら意外に気にならないんです。

焦点距離20mmの作例

Nikon Df F8 SS1/80 ISO100 露出補正+1

がっつり広角というほどでなく、訪れた風景をポイントで捉えるという感じ。

値段が手頃(10万円以内)

大三元の広角レンズは予算の面で断念しましたが、「AF-S NIKKOR 20mm f/1.8G ED」は価格.com最安値で7万5,000円とお手頃価格。

ナノクリスタルコート

10万円以内というお手頃な価格なのになんとナノクリスタルコート。ナノクリスタルコート搭載のレンズでは最安かも?

その実力は言わずもがな。金色のNのロゴを見る度ニヤニヤしてしまいます。

軽量

355gとフルサイズのレンズとしては超軽量。ほどより焦点距離と共に旅行には必ず持っていきたい1本です。

フィルターがつけられる

「AF-S NIKKOR 14-24mm f/2.8G ED」のように前玉が飛び出ておらず、普通にフィルターがつけられます。

カメラやレンズの傷は気にせずガシガシ使う派ですが、前玉に傷が付くとさすがに撮影に支障がでるので…。

まとめ

購入の決め手になったのは20mmの焦点距離はもちろん、ナノクリスタルコートで7万円台というコスパの良さ。

ナノクリスタルコートは持っているだけで幸せになれます。

20mm単焦点を装着したNikon Df

Nikon Dfに装着。Dfと合わせると約1kg程度の超軽量。この軽さでフルサイズ撮影を楽しめちゃうので旅行にはぴったし。

ABOUT ME
AraCame
AraCame
所有:Nikon Z7、Nikon Df、GR3/撮るのは主に子供/旅行大好き