写真・撮影の知識

一眼レフが重いなら…オプテックのストラップに変えてみよう!

一眼レフが敬遠される理由No.1。それは「重い」じゃないでしょうか?

僕が使っているNikon Dfはフルサイズ一眼の中でも比較的軽量。それでもレンズを足すと余裕で1kg以上になります。

旅行時は特に辛い

京都旅行

特に旅行に一眼レフを持っていった時は、1日首に下げていると首が痛いわ、肩は凝るわ。それだけで疲れてしまいます。

けれどせっかくの旅行。より良い写真で思い出を収めたいですよね?

ただ、途中で喫茶店などで休憩したときに、ため息を付きながら一眼レフを置くと、一緒に旅行に行った人から「なんでそんな重いの持ってきたの(笑)」と笑われる始末…。

ミラーレスという選択肢もあるが…

ミラーレスカメラ

「一眼レフが重いなら軽量・コンパクトなミラーレスにすれないいじゃない!」なんて意見は今回はシャットアウト!

それでは意味がありませんよね。一眼レフを持つことは絶対です。たしかにミラーレスにすれば重量は半分以下になるでしょう。でもそういうことじゃないんです。

重く感じる理由はストラップ

カメラとストラップ

一眼レフに付けるストラップ、何を使っていますか?ほとんどの人がカメラに付いてきた純正の付属品ではないでしょうか。

付属のストラップは薄く、幅も狭いため、首や肩に食い込んでカメラの重さをより辛く感じさせるんです。

ストラップを替えるだけでも、重さの感覚はかなり変わります!ホントです!

オススメはこのオプテック(OP/TECH)プロループストラップ。

オプテックのストラップ

まずはこの幅の広さ!比較として追いてあるのはiPhone7です。iPhone7とほぼ同じ横幅。

オプテックの横幅

付属のストラップの倍以上の幅。一眼レフの重さを分散し、首の負担を軽減してくれます。体感にはなりますが付属のストラップと比べて60~70%ほどの重さになったように感じます。

そしてこの分厚さ!

オプテックの厚さ

クッション性抜群。先ほどの幅と合わさって首や肩に食い込むこということはまったくありません。

さらに裏面には滑り止めが。

オプテックの裏側

首とストラップの触れる位置が固定されるので、擦れて肌が痛むということがありません。このポツポツ自体も柔らかい素材で出来ています。

取り外し可能

さらにこのオプテックのストラップのいいところは、コネクターとネックを取り外せるということ!

オプテックを取り外し

コネクターは別売りもしているので、カメラを複数台持っている方は、コネクターだけ揃えておけばネックは1つで済むと言うわけ!

ネックは8色用意されているので、その日の気分やファッションに合わせて付け替えるという使い方もグッド。

コネクター同志を繋げることもでき、簡易ハンドストラップに。

コネクターだけ連結

コンパクトなので自宅ではこの状態で保管することが多いです。

Amazonでも高評価

Amazonのレビューでも星4.5の高評価。口コミを抜粋すると…

  • 本当に楽になります
  • 首や肩の負担をかなり軽減してくれる
  • 汗で汚れても洗濯ができる
  • 機能の割にリーズナブルな値段
  • これを使ったらメーカー純正には戻れない
  • メーカー純正のステータスを捨ててもいい
  • 気分でネックを交換できるのがいい

と皆さんべた褒め!僕も完全同意です。

唯一のデメリット

あえて言うなら”かさばる”という点。

カメラバックに入れる時は付属品と比べて一苦労。幅の広さと分厚さの代償ですね…。

防湿庫に入れるときもちょっと大変。付属品は折りたためますが、このストラップは折りたたみ不可。ちょっとイライラする時も…(笑)

まとめ

最後は文句で締めてしまいましたが、それでもメリットが99%!

一眼レフが重くて大変…という人には一度試してもらいたいストラップです。

ABOUT ME
AraCame
AraCame
所有:Nikon Z7、Nikon Df、GR3/撮るのは主に子供/旅行大好き