仕事効率化

タスクバーを下部から上部に変更するとマウスの動きが減って効率アップ

パソコンのタスクバー

パソコンのタスクバーって分かりますか? WEBブラウザやソフトなどのアイコンがある下部のエリアのことです。

このタスクバー、下部にあるのが当たり前だと思っていませんか? 実は上下右左から好きな位置に変更することができるんです。

オススメのタスクバーの位置は上部

パソコンのタスクバーを上部に変更なぜ上部かと言うと、WEBブラウザやソフトの操作・機能は基本的に上部に集中しているんです。

例えばChromeなどのWEBブラウザ。

Google Chrome

ブックマークバーや戻る・進むボタン、URLバーは上部にありますよね。

表計算ソフトのExcelや、画像編集ソフトのPhotoshopも、

Excelフォトショップ

上部にほとんどの機能が集中しています。

タスクバーを上部に設定したときと下部に設定したときの違い

タスクバーを上部に設定するとマウスを動かす距離が短くなるので、これだけで作業効率が大幅にアップするんです。腕が疲れにくくなるか効果も!

こう考えると、タスクバーが下部にある意味をあまり感じなくないですか? 最初は上部のタスクバーに違和感がありますが、すぐに下部に慣れるので問題なし。

今すぐ、タスクバーの位置を上部に設定してみたください。オススメです!

タスクバーの位置を上部に変更する方法(Windows10の場合)

1.Windowsの設定画面を開く

タスクバーの設定① スタートメニューから設定を開く

Windowsのスタートメニューを表示して、設定をクリックします。

2.タスクバーの設定画面を開く

設定の個人用設定を開くサイドバーのタスクバーを開く

「個人用設定」をクリックし、サイドバーの「タスクバー」をクリックします。

3.タスクバーの位置を上部に変更する

画面上のタスクバーの位置で設定

「画面上のタスクバーの位置」をクリックして「上」に変更します。

上部にタスクバーを設定

たったこれだけです。簡単ですね。タスクバーが上部に変更されました。

この状態でしばらく使っていただくと、WEBブラウザやソフトの起動から実際に作業をするまでが、とてもスムーズなことが分かってもらえると思います。