仕事効率化

重いワイヤレスマウスは電池アダプターを使って軽くしよう

ワイヤレスマウス(無線マウス)って便利ですよね。僕もロジクールのM705mというワイヤレスマウスを愛用しています。

ただ、ワイヤレスマウスは有線マウスに比べて、少し重いと感じることはありませんか?

マウスが重いと単純に動かしにくいですし、腕も疲れてしまいます。これでは作業効率ダウンです。

そこでオススメしたいのが「ワイヤレスマウスの電池をアダプターを使って軽くする」方法。数百円でワイヤレスマウスが軽くなってグンと使いやすくなるので紹介します。

アダプターで単3電池を単4電池に

電池アダプターを使うと単4電池を単3電池として使うことができます。

単3電池を2本入れたワイヤレスマウス

例えば、僕が使っているM705mだと通常は単3電池が2本必要ですが…、

電池アダプターを使って単4電池1本にしたワイヤレスマウス

電池アダプターで単4電池を使うことが出来ます。さらに僕の使っているM705mは電池1本でも動くのでさらに軽量。

通常だと単3電池2本(24g×2本=48g)のところ、単4電池1本(12g)で済んでいるんです。

「たったこれだけ?」と思うかもしれませんが、実際に使ってみると軽さの違いが分かります。一度体験するともう元には戻れません。

電池アダプターで単3電池にした単4電池

電池アダプターの中身はこうなっています。単3電池の枠に単純に単4電池を入れているだけです。

Amazonで数百円で買える

この電池アダプターを使う方法、効果が大きい割に安価な投資で済むのがポイント。Amazonなら1,000円以下で買うことができます。

僕が使っている電池アダプターをたぶんこれです(数年前に買ったので記憶が定かで…)

単純な構造の商品なので、もっと安価なものでも良いかもしれません。

これなどは10本で300円を切る低価格。正直10本もいりませんが…。

可能性は低いと思いますが、液漏れや発熱などには気をつけて使ってくださいね。

デメリット:電池切れが早いこと

この方法には電池切れが早いというデメリットがあります。

本来は単3電池で動かしているところを単4電池で動かしているので仕方ありませんね。電池のコスパはあまり良くありません。

とは言っても、週1で電池が切れるとかではありません。

長期的に使う方は充電電池を使うと良いと思います。僕もPanasonicのエネループを使っています。

この充電器は単3電池も単4電池も充電できるのでオススメです。僕も使っています。

まとめ

以上、電池アダプターを使って単4電池を単3電池に変えてワイヤレスマウスを軽くする方法でした。

1,000円以下の費用でワイヤレスマウスが動かしやすくなり、腕も疲れにくくなるのでオススメです。一度試してみてくださいね。