ガジェット

持ち運び用の小型マウスならELECOMのM-CC1BR「CAPCLIP」がオススメ

出張や旅行などに小型のマウスを検討しているならELECOMのM-CC1BR「CAPCLIP」がオススメです。

ELECOM M-CC1BR「CAPCLIP」収納した状態

一見、マウスには思えませんよね。実はこれ収納状態なんです。使用する際は中身を取り出して…

ELECOM M-CC1BR「CAPCLIP」マウスにした状態このとおり、マウスになります。動画にもまとめてみました。

ELECOMの小型マウス M-CC1BR「CAPCLIP」をレビューします。

カードサイズの超コンパクトボディ

ELECOM M-CC1BR「CAPCLIP」収納時を一般的なカードサイズと比較

収納時のサイズは幅41.0×奥行52.0×高さ30.3mm。一般的なカードサイズと比較してもそのコンパクトさが分かります。

ELECOM M-CC1BR「CAPCLIP」使用時を一般的なカードサイズと比較

使用時は幅41.0×奥行87.0×高さ30.3mm。奥行は一般的なカードサイズの横幅とほぼ同じ。

使用時でも小型なマウスなので、手が小さい方や女性ならともかく、メインのマウスとしては少々使いにくいかも。あくまで持ち運び用のマウスとして考えるのがベストです。

ELECOM M-CC1BR「CAPCLIP」裏面

裏面はこんな感じ。右下の赤い部分が電源のオンオフスイッチです。赤でオフ、緑でオン。

ELECOM M-CC1BR「CAPCLIP」裏面

裏面。この写真だと少し分かりにくいのですが、ラバーの開閉式になっており、

ELECOM M-CC1BR「CAPCLIP」裏面を開いた状態

開くと、ペアリングボタンと充電用のMicroUSBコネクターがあります。

接続はBluetoothなので、パソコンのUSBコネクターを圧迫しません(ただし、パソコンがBluetoothに対応している必要がある)

充電用にUSB A⇔micro-Bのケーブルが1本付属します。パソコンに繋いで充電してもいいし、お持ちのUSB ACアダプターなどでも充電可能。

充電時間は3.5時間。使用可能時間は約1ヶ月(1 日 8 時間のパソコン操作中 5% をマウス操作に割り当てた場合)

ELECOM M-CC1BR「CAPCLIP」クリップ機能

クリップが付いており、ポケットやパソコンに挟むことができます。持ち運びに便利な機能…とのことですが、個人的に使う場面があまりありません。

また、このクリップはマウス使用時に傾斜を作って使いやすくする効果もあります。

約40gの超軽量で持ち運びも便利

重量は約40g。軽量と呼ばれるマウスでも70~80gなので、このマウスがいかに軽いかが分かります。

カバンはもちろんポケットに入れても、持っていることに気がつかないくらいです。

出張や外出が多いビジネスマンにオススメ

ずばり、このマウスをオススメするのは遠方への出張や、外でも打ち合わせが多いビジネスマンです。

常時カバンに入れておいても気にならないサイズで、マウスが必要なときだけサッと取り出して使うことができます。

最近、マウスに対応したのでiPadも相性がいいかも。

超軽量・超小型マウスとしては操作感も悪くないですが、メインとして使うには少し物足りないかも。あくまで緊急時のサブマウスとしての使用をオススメします。

僕が持っているのは「M-CC1BR」ですが、今は次の「M-CC2BR」が売っている様子。スイッチが静音タイプになっているのと、カラーバリエーションが変わりました。

  • M-CC1BR:ブルー、ホワイト、イエロー、ピンク
  • M-CC2BR:ブルー、ホワイト、イエロー、レッド

ピンクがなくなって代わりにレッドが追加。

Amazonでの価格はむしろ新しい方が安いので、せっかくなら新しい方を買っちゃいましょう。