カメラの選び方

FUJIFILM X-T4とX-T3の違いは?向上した部分を細かく解説

X-T4とX-T3

2018年9月20日に発売されたFUJIFILM X-T3の後継機として、2020年2月26日に発表されたFUJIFILM X-T4(発売は2020年4月予定)

買おうか迷っている人、X-T3からの買い替えを迷っている人のために、X-T3からX-T4で変わったスペックを比較してみました。

アラカメ
アラカメ
僕もX-T3を所有しているのでX-T4は絶賛迷い中です。

X-T4とX-T3の違い

X-T3からX-T4になり、変更された点を一覧にしました。

X-T4 X-T3
手ブレ補正 あり なし
バッテリー枚数 約500枚(エコノミーモード:約600枚) 約390枚
サイズ(幅) 134.6mm 132.5mm
サイズ(奥行) 63.8mm 58.8mm
重量 607g 539g
連写 電子:30コマ/秒、メカ:15コマ/秒 電子:30コマ/秒、メカ:15コマ/秒
AF最速 0.02秒 0.06秒
レリーズタイムラグ 0.02秒 0.045秒
瞳AF あり(大幅に向上) あり
動画ハイフレームレート ・120fps 1920×1080 連続最大約6分まで
・240fps 1920×1080 連続最大約3分まで
120fps 1920×1080 連続最大約6分まで
動画ファイル形式 MOV、MP4 MOV
内蔵フラッシュ なし なし(クリップオンフラッシュ EF-X8が付属)
モニター液晶 3インチ 約162万ドット 3インチ 約104万ドット
モニター可動 バリアングル 3方向チルト

X-T3より向上した部分は赤字にしました。当たり前ですが全体的に性能が向上しています。

X-T4は手ブレ補正機能を搭載

X-T4 X-T3
手ブレ補正 あり なし

X-T4で最も注目された新要素が手ブレ補正機能の搭載です。上位機種のX-H1には手ブレ補正機能が搭載されていましたが、X-T1桁シリーズにも搭載されることになりました。

X-T1桁シリーズの軽量さを損なわないために、防振ユニットを約30%小型化・約20%軽量化して搭載しています。

組み合わせるレンズによって異なりますが、最大5軸・6.5段の補正効果を発揮します。

バッテリー枚数が増加

X-T4 X-T3
バッテリー枚数 約500枚(エコノミーモード:約600枚) 約390枚

1本のバッテリーで撮影できる枚数はX-T3では約390枚でしたが、新開発のバッテリーによりX-T4では約500枚と、100枚以上の増加に成功しました。

以前からX-T3のバッテリー持ちの悪さは指摘されていたので、この点が改善されたことに喜んでいるユーザーは多いはずです。

さらに省電力モード(エコノミーモード)約600枚の撮影が可能になります。

サイズ・重量はやや増大

X-T4 X-T3
サイズ(幅) 134.6mm 132.5mm
サイズ(奥行) 63.8mm 58.8mm
重量 607g 539g

幅が約2mm、奥行が約5mmとX-T3よりややサイズが大きくなりました(高さは変わらず)

重量も68g重くなっていますが、手ブレ補正機能を搭載したことによる増量と考えると、技術的にはかなり向上したことが読み取れます。

AF速度など撮影機能も向上

X-T4 X-T3
連写 電子:30コマ/秒、メカ:15コマ/秒 電子:30コマ/秒、メカ:15コマ/秒
AF最速 0.02秒 0.06秒
レリーズタイムラグ 0.02秒 0.045秒
瞳AF あり(大幅に向上) あり

連写枚数やAF速度など基本的な撮影機能も確実に向上しています。

特にAF(オートフォーカス)は合焦速度や瞳AFなどの進化が期待です。これは是非実機を触って体験してみたいですね。

動画撮影機能も向上

X-T4 X-T3
動画ハイフレームレート ・120fps 1920×1080 連続最大約6分まで
・240fps 1920×1080 連続最大約3分まで
120fps 1920×1080 連続最大約6分まで
動画ファイル形式 MOV、MP4 MOV

X-T3も動画撮影に強い機種でしたが、X-T4ではより動画機能に力が入れられています。

240fpsのハイフレームレートによるスローモーションな映像なども非常に撮りやすくなりました。

さらにX-T4より保存形式にMP4が追加されました。多少ですがMOVはWindowsと相性が悪いことがあったので、MP4もサポートされたのは嬉しいポイントです。

背面モニターもバリアングル液晶で使いやすく

X-T4 X-T3
モニター液晶 3インチ 約162万ドット 3インチ 約104万ドット
モニター可動 バリアングル 3方向チルト

モニター液晶はX-T3の104万ドットから162万ドットに。より鮮明な液晶で撮影した写真・動画を確認することができます。

モニター可動も3方向チルトからバリアングルになり、より使いやすくなりました。写真撮影はもちろん、動画撮影の向上を意識したことが読み取れます。

まとめ

X-T3からX-T4になり大きく向上した点がやはり手ブレ補正バッテリー枚数ですね。この2点は実際に使ってみるとX-T4の進化を肌で感じ取れると思います。

その他も性能も正統に進化しており、X-T4の発売が今から待ち遠しいです。

アラカメ
アラカメ
僕はX-T3を買ってからそこまで時間が経っていないので、X-T4は価格が下がり始めたら買う予定です。